ごあいさつ 服部正秋(校長)

私には皆さんと共有したい夢があります。

日本でも数少ない特別豪雪地帯に指定されている奥信濃では、小学校の授業でもクロカンスキー があるくらいです。

小さなころから雪に親しみクロカンスキーに魅せられた私は、社会人まで競技を続け、クロカンスキーの核心を求めてスキーの起源である北欧にて競技者として指導者として学びました。

そこでみた風景は、競技者・子ども・大人・高齢者さまざまな人たちが競技・余暇・健康・生涯スポーツとそれぞれの意義を持ってノルディックスキーを愛し楽しんでいる姿、そして身体を動かす事、雪と親しみ自然と触れ合う事が日常であり、文化となっているということでした。

私には皆さんと共有したい夢があります。

  • クロカンスキーが持っている可能性を一緒に楽しみ、共に伝え、広げていくこと
  • 様々な意義を持ちながらクロカンスキーを楽しむ中で、自然の尊さを知る事、身体や心が健や かで豊かになる事、それが皆さんのポジティブな生き方につながること
  • 奥信濃を皆さんと一緒に『クロカンスキーの聖地』『アウトドアスポーツの拠点』にすること

北欧にも負けない恵まれた自然、雪、環境が奥信濃にはあります。『アウトドアスポーツが日常となる文化』を皆さんと一緒に築いていきたいと願っております。

ALP SKI TEAM 校長 服部正秋