【満員御礼】募集を終了しました。「100マイルなんてカンタンだ。」トレーニングキャンプ

【満員御礼】定員に達しましたので募集を終了しました。

100マイルなんてカンタンだ。

伝説の(しかし最新科学の)
心肺エンジン増大トレーニング走。
「カヤの平高原の極上トレイルを走りますよー!」

いまいち記録が伸びないトレイルランナーたちよ、ハアハアゼイゼイして走っていないか?だから「長い距離」を「速く」走れないのだよ。いつまでもどこまでも「ラクチン」に走り続けられる「走り」を伝えよう。いやなに、われらはその「走り」で200万年を生き延びてきている。心拍計さえあれば、あなたはカンタンにそれを「再び」手に入れることができるのさ。

100m走だったら山田琢也はウサイン・ボルトにかなわないけど、10km走だったら山田琢也は楽勝する。その逆にマラソン選手が短距離走のトレーニングをしても意味がない。同じ理由で、50km以上の超長距離をラクチンに、しかも誰よりも速くフィニッシュしたいなら、そのためのトレーニングをした方がいい。その走りでレースをした方がいい。で、うれしいおまけ。心拍エンジンが大きくなるから距離50km以下でも速く走れるよ

 

講師 / 内坂庸夫(うちさかつねお)
雑誌編集者

2016uchisaka

撮影:小関信平

「ターザン」創刊以来、数多くの運動選手、コーチ、医者、科学者に取材し、最新最良な運動科学とフィットネスを誌面で提供している。2005年からトレイルラニングの連載を開始し、国内外のトレイルを実走開拓しそのコースとマップを紹介。2007年より「UTMB」にとりつかれ、毎年シャモニ・モンブランに通い、その「激走」をレポート。やがてミイラとりがミイラとなり「CCC」を実走するも、やはりというか当たり前に表彰台には上がれない。ついには身代わり、読者代表「チームターザン」を結成し「UTMB」に送り込み、自らはサポートに。本年の「CCC」で上田瑠偉と共に本懐を遂げる。「UTMB」「CCC」に代表される超長距離走のトレーニング、代謝機能改善、エネルギー・水分補給、装備、サポート心理学など、多くをモンブランとアイアンマン・トライアスロン、そしてフィリップ・マフェトン博士に学ぶ。

問合せ

スケジュール

11月5日(土)9:50

送迎 JR飯山駅発(アルプ行)
*送迎が必要な方はご連絡ください。

10:30

アルプ集合

10:45

「100マイル・カンタン講座」(室内)

昼食*各自ご持参ください

13:45

「100マイル・カンタン実走チェック」(屋外)

16:30

馬曲温泉入浴

18:00

夕食&懇親会

11月6日(日)6:15

「朝ランで身体を知る」(屋外)

7:30

朝食

8:30-10:30

「エネルギーと水の話」(室内)

11:15-15:00

「カヤの平高原トレイルラン(10〜15km)」(屋外)

*イベント終了後、アルプにてお風呂を利用できます。

16:30

(16:30着)飯山駅までの送迎がございます。

申込み・問合せ